2014.05.25(Sun):日記
ニコニコ動画見てたら、こんな記事が目に入りました

「厚生労働省が「人手不足対策」に乗り出すと、NHKニュースが報じている。5月20日に開かれた省の対策会議で、人材不 足に悩む企業への「助成金拡充」が検討されたという。」
※ニコニコニュースより抜粋(ニコニコニュース)


ここ最近、人手不足のニュースを良く見ます。
まぁ、業種はきまっている感じなのですが・・・・・
そして、特番などで報道されている企業も、大体固定メンツ。
今日(5/25)も「バンキシャ」で取り上げていました。
踊らされている感もありますが、なんとなく書いて見たくなりました。

24時間営業を取りやめ気味な所とか・・・・
店舗改装などで、ごまかそうとしている所とか・・・・
24時間365日働けとか・・・・

まずは・・・・・
「なぜ人材が集まらないのか?」
企業側が真摯に考える事が大切であり、国が補助金を出すことなど必要が無いと思うのです。
だって・・・・・
企業側の怠慢じゃないですかー!
企業体質の改善をしなければ、人材は確保できない!
また・・・・
そういった状態になるには、それなりの理由が必ずあります。
それを改善しないでお金を出すなんて話にもならない。
国は労働基準法の強化等による、労働者保護を考える事が先決なのでは無いでしょうか?

人材を確保したければ、他より良い待遇で迎える。
コレある意味当たり前の事なんですよ。
同じ報酬なら、楽な仕事を選ぶのは当たり前の事じゃないですか!
別に3Kと言われる労働でも、報酬が高ければ3Kにはならないと思うし人も集まるんですよ。
(3Kなりの報酬ですねー)

企業側は、可能な限り安い賃金で過重な労働力を集める。
コレが人件費を削減する簡単な所。
正社員は社会保障なども含めて、お金がかかりますから・・・・
数多く雇うより、少数で賄えば人件費抑えられますからね。
それは、理解出来る事ではありますが・・・・

今の世の中、情報なんていろんな所から沸きあがります。
そして、世の中の人はそれを理解しています。
口コミ情報って奴は、信憑性も高く見られますから。
良い評判も広まるし、悪い評判も広まります。

報酬に見合った労働を課していれば、人は集まると思うのです。
報酬に見合わない労働を課すれば、人は集まらないと思うのです。

ただそれだけの事だと思います。


何でわからないかなぁ・・・・( ゚-゚)トオイメ
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://sakanashioyaki.blog.fc2.com/tb.php/345-9d767b18
Secret